Top > 風水の間取り 鬼門

風水の間取り 鬼門

風水で家の間取りを考えて決めるときに、特に気をつけていただきたいことがあります。
それは、鬼門(きもん)です。
鬼門とは鬼が出入りする方角とも言われ、古くから誰もが嫌う方角のことで、北東を指すそうです。
また、同じようによくない方角として裏鬼門と呼ばれる方角もあり、南西の方角を指します。
ですから、外からの邪悪なものから自分の家を守るためにも、北東から南西を結ぶ線上にあるものには気を配らなくてはいけません。
風水で間取りを考える場合、鬼門を考慮して、水に関するものは避けたほうがいいとされています。
例えばお風呂やキッチン、トイレです。
ですが、家の形や部屋の間取りの都合でどうしても風水通りうまくいかないこともあるでしょう。
その場合どうしたらいいのかというと「汚さない」ことが大切になってきます。
トイレやお風呂は毎日掃除をしてきれいに保つこと、また、もしできれば汚れたお風呂の水は流して、水を溜めておかないほうがいいでしょう。
清潔感があれば運気もアップします。
また、鬼門に花を置いたり、ラッキーカラーの壁紙に変えたりするなどの対策をするのもいいですし、風水で厄を払うこととしても知られる盛り塩をしておくのもいいでしょう。
新しく家を建てる、リフォームをするというときには間取りも大事ですが、まずは鬼門を確認してから考えるといいでしょう。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
風水で幸せを呼び込む間取り(2009年5月14日)
風水で子供部屋の間取りを考えよう(2009年5月14日)
風水で避けたほうがよい間取り(2009年5月14日)
風水の間取り 鬼門(2009年5月14日)
風水で建物の形、間取りを考える(2009年5月14日)